ノンシリコンシャンプーは髪にいいの?

まず
ノンシリコンシャンプーが髪に良いのか?
ということ。
良い場合もあれば、悪い場合もある
シリコンが、何のためにシャプーなどに配合されているかというと、髪をコーティングするためです。
参考までに、シリコンの成分名の代表的なものは、以下のとおりです。
ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン
他の名称が加わっている場合もあります。
シリコンに発がん性があると言われたのは今は昔。
現在のシリコンは、安全性の高い安定した素材です。
では、なぜ、そのシリコンが悪者にされてしまったのか?
第一に、美容師さんの間で
パーマがかかりにくい
カラーが入りにくい
という理由で、嫌われました。
それから
”髪がベタつく”
”地肌に残って毛穴をふさぐ”
もしシリコン入りのシャンプーを使って、髪がベタつくのであれば、その原因は他の成分にありますので、注意が必要です。
ただひとつ”シリコン入りのシャンプー”というより、コーティング効果のあるシャプーを使うことのデメリットとして考えられるのは、そのコーティングの下で、髪が乾燥していたり傷んでいたりしても、気づきにくいということです。
また、シリコンにも品質がありますから、製品によっては、あまり品質のよくないシリコンを使用しているかもしれないという懸念もあります。
大量生産で市販されている低価格帯の製品は、ちょっと心配ですね。
それなら、やっぱりノンシリコンシャンプー
”というより”なんて、回りくどい言い方をしたのにはワケがあります。
ノンシリコンシャンプー=コーティング効果のないシャンプーではないからです。
シリコンは入っていなくても、別のコーティング剤が使用されていたり、髪をきしませないためだけの何か化学薬品的なものが使用されている場合もあります。
そして、それらは、シリコンよりも安全性に欠ける成分であるかもしれません。
”髪がきしまない”と謳われたノンシリコンシャンプーもあります。
その中で、本当に良質な製品も確かにありますが、そうではない製品もあるということを認識していなくてはいけません。
で、結論は?
というと
あくまで個人的な見解ですが
でしょうか。
ただし、高価ですし、本当に良質かどうかを判断するには、それなりの知識が必要です。
シリコン入りシャンプーについてのポイントは
・コーティング剤としてシリコンは安全だということ
・シリコン入りのシャンプーは、髪を守ってくれているということ
・でも、もし髪に傷みが生じた場合は、気づきにくいということ
ノンシリコン入りシャンプーについてのポイントは
・本当の髪の状態が把握できるということ
・でも、良質な製品を見極めるのが難しく、また良質な製品は高価であること
このポイントを抑えて、自分なりに何を優先させるのかを考えてみてください。
しかし、それほど神経質になるほどのことでもないと思います。
ある程度の価格帯の製品であれば、シリコン入りでもノンシリコンでも、髪の明暗を大きく分けるほどの違いはありません。
そこにこだわるよりも、紫外線から髪を守るとか、海草などをよく食べるとか、睡眠を十分にとるとか、そういうことの方が、美しい髪のためには大事だと思いますよ。

敏感肌と乾燥肌のエイジングケア化粧品 コスメティック美彩人

敏感肌と乾燥肌のエイジングケア化粧品、ゴールドコスメ(旧ゴールドワン化粧品)正規販社Cosmetic Besite(コスメティック美彩人)からのお知らせです。