EFG(ヒトオリゴペプチド-1)

EGF(上皮成長因子、Epidermal Growth Factor)は、お肌の表面(上皮)にある細胞の成長と調節に重要な役割をする53個のアミノ酸と3つの分子内結合で形成されるタンパク質で、アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士が1962年に発見しました。

人が本来持っているタンパク質で、人の唾液や母乳などにも多く含まれています。 

このEGFは、もともとは火傷や創傷などを負ったお肌の皮膚再生医療、皮膚移植、角膜切開による傷の回復促進として研究されていた成分です。

お肌の上皮(皮膚・粘膜など)の細胞にある上皮成長因子受容体(EGFR)と結びついてチロシンキナーゼを活性化して、新しい細胞をつくったり増やしたり、また正常に働くために調節する作用があります。

Quoted from スキンケア大学(http://www.skincare-univ.com/)

敏感肌と乾燥肌のエイジングケア化粧品 コスメティック美彩人

敏感肌と乾燥肌のエイジングケア化粧品、ゴールドコスメ(旧ゴールドワン化粧品)正規販社Cosmetic Besite(コスメティック美彩人)からのお知らせです。