UVケアを考えよう SPF値に惑わされていませんか?

SPF値・PA値が高いほうが優れたUVクリームだと思っていませんか?

SPFは、サンバーン(赤く炎症のような日焼け)を起こすUVB波を何分防げるかという値です。

これは、日本化粧品工業連合会のSPF測定法基準に乗っ取って、1㎠の肌に2mgのUVクリームを塗るという前提で測定されています。

そして、たとえばSPF1なら、20分です。 

しかしながら、1回にどれくらいの量のクリームを塗るかには個人差があります。

地域や時間、個々の肌質(炎症を起こしやすい人、そうでもない人)によっても、日焼けの度合いは異なります。

いつでも、どこでも、誰でも、SPF1なら20分間、日に焼けないということにはならないのです。

さらに、汗をかいたり、衣類ですれたりなどして、クリームがとれてしまえば(お肌についていない状態では)、20分未満であってもUV効果はありません。 

SPF50という製品がありますが、UVB波を16時間40分防ぐことになります。

日照時間をはるかに超えた時間で、非現実的な数値であることがわかります。

 PAは、UVA波を、どれだけ防げるかという値ですが、SPF同様に、曖昧な値です。

じゃ、どうやって選べばいいの?

肌にやさしいこと、私が気にするのはそれだけです。

SPF値は10でも20でも、いいと思います。

顔には、化粧下地として使います。

UVクリームの上から、パウダーファンデーション。

これが鉄板です。

パウダーは、紫外線を拡散させますから、ただそれだけでUVケアになります。

でも、パウダーだけでは、すぐに落ちてしまうので、つなぎにUVクリームを使うわけです。

結果として、WのUV効果と、UVクリームもパウダーも両方とも落ちにくい状態を維持できることになります。

ボディは、とにかくマメに塗ること。

目安としては、日差しが強かったり、汗をかく場合は、1時間未満、日常生活なら2時間前後でしょうか。

後は、日傘とか帽子、こっちのほうがSPF値より、ずっと頼りになります。

こんなスグレモノもあります。

UVローションなのですが、スプレーを取り付けることができるので、メイクの上からでも、シュッシュと手軽にUVケアができます。

もちろんボディにもOK。

ワールドワンUVクリーム5と同じ、紫外線吸収剤をシルクたんぱくのマイクロカプセルで包み込んだ、肌にやさしいけれども、しっかり紫外線からお肌を守るしっかりものです。

バッグに入れて持ち運べるサイズなので、重宝しますよ。

>> ゴールドコスメ 夏のローション


ゴールドコスメのUV製品には、SPF値もPA値も記載されていません。

でも、紫外線からお肌を守る成分が、しっかり配合されています。

だから、落ちさえしなければ、紫外線は防げるんです。

>> ゴールドコスメ UVケア製品一覧はこちら

お顔を紫外線から守るなら、UVケアもしながら肌色をパッと明るくして、白浮きもなく、夕方になってもくすまないUVコントロールカラーを。

>> ゴールドコスメ ビーミングフェースファンデーション

そして、ボディへのオススメ、ワールドワンUVクリーム5は、プレゼントキャンペーン実施中。

敏感肌と乾燥肌のエイジングケア化粧品 コスメティック美彩人

敏感肌と乾燥肌のエイジングケア化粧品、ゴールドコスメ(旧ゴールドワン化粧品)正規販社Cosmetic Besite(コスメティック美彩人)からのお知らせです。